安全、快適、安心の災害対策・防災対策

性能と技術を備え、日々の快適な生活・災害時の安心・防災・地球環境に
配慮した家づくりをご提案します。

日本は都市の構造、山地・丘陵が多い地形、プレートの位置、
(気候)地球温暖化などにより災害が非常に多い国です。

2016年以降の主な災害

2016年熊本地震
2017年九州北部豪雨
2018年7月豪雨
2019年房総半島台風
2019年東日本台風
2020年7月豪雨

また今後も、ゲリラ豪雨、台風の巨大化、風速50m~60m級、被災地域の拡大、M7~M9クラス地震などが懸念されます。宮崎建設ではインフラの遮断などから
大切な家族を守る安心して暮らせる家づくりをご提案します。

耐震工事

耐震工事に関しての簡易説明文が入ります。この文章はデザイン上の仮文章になります。耐震工事に関しての簡易説明文が入ります。
この文章はデザイン上の仮文章になります。耐震工事に関しての簡易説明文が入ります。

メンテナンス

耐震工事に関しての簡易説明文が入ります。この文章はデザイン上の仮文章になります。耐震工事に関しての簡易説明文が入ります。
この文章はデザイン上の仮文章になります。耐震工事に関しての簡易説明文が入ります。

詳しくはこちらをご覧ください

生活水と電気を自給自足する家 OTS HOUSE

雨水から生活水を、太陽光で電力を、暮らしに必要な資源・エネルギーを自給自足すできる家。普段の生活も災害時も、強く優しく守ってくれる新発想の住まいです。

太陽で暮らす

OTSハウスは、雨水から生活水を、太陽光で電力を生み出す、
くらしに必要な資源・エネルギーを自給自足できる家。
雨と太陽という自然の恵みと共生するこの家は、
日本の家づくりを変えていくような強く、確かなメッセージを持っています。
空から無限のエネルギーをいただく。
新発想の未来の家から、くらしの新たな価値が生まれていきます。

サステイナブルな未来を牽引する

いま世界では「持続可能(サステイナブル)な開発」をキーワードとした、
地球規模の視点に立った企業活動・事業が活発化しています。
OTSハウスは、一歩進んだサステイナブルな住まいづくりを通して、
人と地球の理想的な未来づくりに貢献していきます。

太陽光発電

枯渇しないエネルギーの活用、クリーンエネルギーで脱炭素社会の実現

雨水の活用

公共水道施設の負荷軽減
(省電力・渇水対策)

家を長寿命化させる
基礎・構造

公共水道施設の負荷軽減
(省電力・渇水対策)

自然災害の経験を風化させない

これまでに私たち日本人は、大地震をはじめとする自然災害によって、
幾度となく断水、停電、住まいの倒壊などを経験してきました。
OTSハウスは、防ぐことのできない自然の猛威と「共生」することも
住まいの使命であると捉え、数々の対策を組み込んでいます。

地震から家族を守る

建物への被害を防ぐ「耐震」と、揺れを吸収する「制震」の技術を組み合わせ、大切な家族と財産を地震から守ります。

エネルギーの分散

導管に依存せず個別供給されるため「分散エネルギー」としての役割が見直されているLPガスを組み込んでいます。

災害時への備え

自然災害への備えとして、ライフラインの中でも特に重要な「生活水」「電気」を自給自足できる機能にこだわりました。

OTS新築商品はこちら

詳しくはお問い合わせください